トップページ>証券会社の選び方>証券会社一覧表

【証券会社の選び方】
証券会社選びにはいくつかのポイントがあります。
まずはそのポイントを確認してみましょう。

@売買手数料の安さ
A管理のしやすさ
B無料ツール
C金融商品の多様性
D口座への入出金のしやすさ


だいたいこの5点があげられます。
特に大事なのは@売買手数料とB無料ツールの二つですね。
手数料はなるべくなら安いほうがいいと思いますし、本来は有料の情報ツールが無料で使える証券会社もあります。

Aの管理のしやすさというのも、初心者の方にとっては大事な点で、CDは経験を積んでくると同時に必要性を感じてくる点です。



【口座開設は初めての方へ】
口座開設自体が初めての方はほんとどれを選んで良いのかまったく想像もつかないと思います。
ですから管理人が『初心者の方にとって使いやすい証券会社。』と思うものをピックアップしてみました。

◆ SBI証券 (売買手数料が安く、管理がしやすい)
◆ マネックス証券(管理がしやすく、金融商品の種類が豊富)


管理人がオススメするのは、この二つの証券会社です。
どちらも管理がしやすいうえに、ユーザーからの支持があるからです。



【証券会社一覧表】
上の二つの証券会社以外にもネット証券は存在します。
たぶん、みなさんが一番気にするのは手数料の値段だと思います。
以下に手数料の安い順に証券会社を並べてみました。

ネット証券一覧表
証券会社名 最低売買手数料
(成行・指値)
特徴 詳細研究
SBI証券 無料
(売買代金10万円以下)
手数料も安く、金融商品も多彩なうえに、銘柄の監視が非常に楽なオールマイティな証券会社。 GO!
松井証券 無料
(売買代金10万円以下)
売買代金10万円以下なら手数料無料
QUICKリサーチが無料で使えます。
(普通なら有料のサービスです。)
GO!
マネックス証券 105円・1050円・1575円 着実に成長を続け、ネット証券でも第一線をいっています。商品の品揃えも多彩で口座開設しておくべき証券会社のひとつですね。 GO!

詳細研究には詳しい証券会社の情報をまとめていますので詳しい情報が知りたい方はのぞいてみてください。

※資料請求における諸注意
資料請求はいくらおこなっても証券会社のサービスなので郵送代などは無料ですが、ネット上で調べられることはネット上で調べることにしましょう。詳細研究を見てくれれば、たいていのことは網羅していますので確認できると思います。(無意味な資料請求はやめましょうね。)


トップページ
                                                       ページ上へ

当サイトにおけるすべてのコンテンツの画像・文章等の無断転載を禁止させていただきます。
また当サイトでいかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。


Copyright(C)2006 PEPE All Rights Reserved